新入行員が「辞めたい」と思ったときの教科書

銀行員を極めたい

働く場所として銀行を評するならば『極めて特殊で、そして異常な職場』です。

したがって
今、銀行を辞めようか悩んでいる新入行員の皆さん。辞めたいと思う原因の大部分は、上司・先輩や銀行にあります。(下図)

現役銀行員の私ですが、銀行を辞めることに関しては『辞めるなら、なるべく早い方がよい』と考えています。

この記事では

  • すぐに銀行を辞めるのはダメなことなのか?
  • 銀行を早々に辞めた人の事例
  • 辞めるか悩んでいるときに絶対にやってはいけないこと
  • 銀行を辞めるときの注意点

の4点について詳しく解説していきます。

銀行退職で悩んでいる人が、前向きになれる内容です。是非ご覧ください!

すぐに銀行を辞めるのはダメなことなのか?

なぞ はてな

まず結論をいうと
早々に銀行を辞めることは全くダメなことではありません。

『ダメなことなのか?』を詳しく分解すると以下のようになります。

  • 銀行をすぐ辞めると、自分にデメリットがあるか?
  • あなたが銀行をすぐ辞めると、上司や先輩に迷惑がかかるのか?
  • あなたが銀行をすぐ辞めると、親や親類が悲しむ?
  • 銀行をすぐ辞めると、職歴に傷がつく?転職しにくい?
おやつイモ
おやつイモ

誰にとってダメなのか?

で分解してみましょう。

一つずつ見ていきましょう!

銀行をすぐ辞めるデメリット

辞めた後のデメリットは『辞めたことを後悔すること』。

もっと丁寧にいうと『銀行に勤めていた時の方が良かったと思うこと』です。

皆さん、いかがでしょうか?
銀行を辞めたあと、

銀行にいた方が良かった~

なんて思うでしょうか?

もし、そう思うならば、はっきり言って辞める覚悟が足りないだけ。そんな人は、銀行に残り続けて経験値をあげる方が良いでしょう。

逆に『銀行を辞めて後悔する訳がない』と思う人には、銀行を辞めるデメリットはありません!

上司や先輩に迷惑かかるのか?

上司や先輩への迷惑を考えると、大きく2つありそうです。

  1. 自分がいなくなることで、上司や先輩の仕事が増える。
  2. 上司や先輩の人事評価が下がる。

まず1点目ですが、
新入行員がやってる仕事は正直、たかが知れてます。新入行員が辞めた穴は残ったメンバーで普通にカバーできます。そして、そのうち人事異動が発令され、あなたの代わりの行員が配属されるので、何ら問題ありません。

次に、2点目の人事評価。
部下が辞めた場合、その上司の人事評価が下がることはあります。しかし、辞めたのが新入行員であれば、話は別です。「上司の管理不足」ではなく「辞めた新入行員が銀行にあわなかった」と見なされ、人事評価が下がることはほとんどありません。

親や親戚が悲しむ?

あなたが銀行をすぐに辞めても、親や親類は悲しみません。

ただし、親や親類が心配する可能性は大です。

では、どうするか?
心配されるから、銀行で働き続けるのか?

それはおかしな話ですよね。

あなたがすべきことは
銀行に見切りをつけて、親・親戚に心配されないよう次のステップ(転職など)を準備することです。

職歴に傷が?転職しにくい?

職歴と転職については、銀行をすぐに辞める方がメリットは大きいです。

具体的には、銀行を辞めるのが早いほど

  • 色々なチャレンジが可能となり、経験値を積むことができる。つまり、職歴は傷つくどころか、磨かれる。
  • 銀行という安定した職場に惑わされず、しっかり自分の考えをもっていると見なされ、転職は割とうまくいく。

といったプラスの効果の方が間違いなく大きいです。

銀行を早々に辞めた人の事例

銀行を辞めるか悩んでいる人の深層心理には

  • 『早く辞めたら、周りから変な目で見られないか?』
  • 『仕事が続かないヤツと思われないか?』

といった気持ちがあるのではないでしょうか。

気持ちは分かりますが、それは心配無用!

私が属する銀行では、最短で2日で辞めた新入行員がいます。

はい。
無論、新入行員研修の2日目というタイミングでの退職。いえ、逃走です。

しかし、そんなに早く辞めた人に対して、一瞬は変な目で見られましたが、今となっては誰も何も気にしていません。

なぜなら、その人は自分でコンサル会社を立ち上げ、バリバリ活躍中。しっかりと自分の道を切り拓いているから。

つまり、大切なのは『銀行を辞めるか否か』を悩むことではなく『銀行を辞めたとして、何をするか?どんな人生を歩むのか?』をしっかり考え、実践することなのです!

銀行を辞めるか悩んでるとき、絶対にやってはいけないこと

注意

銀行を辞めるか悩んでいるときの心は、非常に不安定。

不安定な気持ちでいると、後々に後悔するような判断を行ってしまいます。

ここからは、銀行を辞めるか悩んでいるとき、絶対にやってはいけない3つのことを紹介します。

自分を責めすぎない

銀行を辞めるか悩む原因の一つが

仕事が全然できない。

自分は銀行に向いてない!

といった自分へのネガティブな感情があります。

ここでやってはいけないことは、自分を責めすぎないこと

つい先日まで大学生だった新入行員が、完璧に仕事をこなせるわけがありません。毎日、ミスをして怒られる。コレが普通のことです。

もしも、あなたがミスした際、上司や先輩の指導があまりに厳しいとしたら、ミスした時のあなたの立ち振舞いがマズいのかもしれません。

とにかく、新入行員が仕事が全然できないことはめちゃくちゃ普通のことなので、自分を責めちゃダメです!

周りの感情を想像しない

新入行員が日々、ミスを重ねることは普通のこと。

この事実は、銀行に勤める者の共通認識です。

したがって、周りの人も

上司
上司

お!新入行員の彼、ミスってんね!俺も昔そうだったなぁ

とか思ってるだけです。それ以上でもそれ以下でもありません。

あなたは自分に対して、不甲斐なく思ってるかもしれませんが、周りは何も思ってません。

周りからどう思われているかを気にすることほど、不毛なことはない!

ゴーイング マイウェイでいきましょう!!

銀行の先輩・上司の意見を聞きすぎない

悩んでいるときほど、身近な人に相談したくなりますよね?

しかし、銀行を辞めるかどうかを、銀行の先輩や上司に相談することはなるべく避けましょう。

理由は、単純明快。先輩や上司は全力で止めてくるから。

私、銀行に向いてないと思うんですが…

上司
上司

えぇ、そうか~

俺は向いてると思うけどなー

(明確な理由はない!)

そうですかね~

上司
上司

俺も昔、辞めようと思ったよ。

でも、今も銀行で働いてる。

お前も働き続けた方が絶対いい。

その証拠は、この俺だよ…

この上司みたいになりたいとは思えないんだよなー

上司
上司

決まったぁぁ!

カッコいいな~オレ。

こんな不毛なやりとりが繰り広げられるだけです。

銀行を辞めるときの注意点

ノウハウ

最後に、銀行を辞める際の注意点を紹介します。

ここでは、銀行の辞め方や事務手続きの紹介ではなく、今後あなたが損をしないためのキレイな退職の仕方を紹介します。

基本スタンスは、飛ぶ鳥跡を濁さずです!

退職理由は『一身上の都合』

  • 上司からの嫌がらせ
  • 店内でのいじめ
  • 激しすぎるノルマ
  • 全く面白くない単純な仕事
  • 頭おかしい銀行文化
  • 死んだ魚の目をした銀行員に囲まれる日々

銀行を退職する理由は腐るほどありますが、本音は決して言わない方がいいでしょう。

そもそも本音を伝えたところで、残念ながらあなただけのために銀行が何かを改善するわけがないです。退職する本当の理由を伝えても、あなたにとって良い事は一つもありません。

むしろ

一身上の都合で辞めますが、銀行で働けて本当に幸せでした!

今後とも宜しくお願いします!!

くらい『銀行大好き感』を何とか絞り出して退職しましょう。

特定の個人を攻撃しない

当然のことながら、大好きな銀行には嫌いな人はいない体で、銀行を去りましょう。

ムカつく上司やクソの塊のような先輩がいたとしても、そいつらを攻撃してもいいことありません。

後々でどのような繋がりが芽生えるか分かりません。

また、銀行員のクソさは銀行という文化が育んだもの。したがって、そんな上司・先輩と銀行を離れたあとに会うと、意外とイイ人になったりします。

何につけても、人を大事にすることが極めて大切です!

1ミリでもお世話になった人には御礼を

嫌いな人に対しては、その存在を無かったことに。

逆に、お世話になった方々にはキチンと御礼をしましょう。

おやつイモ
おやつイモ

コレ、一番大事です!

私の後輩は辞める際に、一緒に仕事をした人だけでなく、グチを聞いてくれた人、食堂でよく一緒になった人、先輩・後輩あらゆる人に御礼の言葉と御礼の品を渡していました。

辞めたあとも「この前、退職した〇〇君。わざわざ挨拶に来てくれ、御礼もくれて…。本当に辞めたのは当行にとって大きな損失だよね」と話題になるほどでした。

まさに、飛ぶ鳥跡を濁さずを体現した辞め方ですね!

まとめ

まとめ

せっかく入った銀行を辞めるのは、かなり勇気が必要。

だからこそ、退職について悩めば悩むほどストレスが溜まるもの。

大切なことは

  • 銀行の仕事に慣れない自分を責めないこと
  • 周りの考えや意見を受けとめ過ぎず
  • 冷静に、自分の今後の人生設計を行うこと

が極めて大切です。

私は勤務歴10数年の現役銀行員ですが、若者が銀行を早々に辞めることは、むしろイイコトであると考えています。

悔いのない人生を銀行で歩めるか?

自分がしたいことは何か?
それは銀行で実現できそうか?

色々な角度から現在と未来を想像して、納得いく判断ができることを祈っています!

タイトルとURLをコピーしました