ローンおまとめのコツを知りたい人へ|銀行系のローンで毎月の返済負担を減らす極意

ローン

複数の借金があり、毎月の返済で苦しんでいる人へ。

借金を「ひとつのローンにまとめること」をオススメします。

他のサイトでも「金利が安いおまとめローン業者」が紹介されてますが、1つだけお伝えしたい。

「金利が低くないと返済額は減らない」

・・・これ、間違いです。

返済額を減らすためには、「安い金利にする」以外の考え方があります。

この記事は、

  • 毎月の借金返済が苦しくて、どうにもならない人
  • 低い金利でのおまとめがダメだった人
  • おまとめしたいけど、具体的に何をしたらよいか分からない人

のため、銀行員だからこそ知っているローンおまとめの正しい考え方具体的なやり方を紹介します!

ローンおまとめの真実

まずは、他サイトで見かける「おまとめローン」に関する情報を見直します。

「金利が下がらないと、返済額は変わらない」はウソ

金利が下がらない場合は、おまとめローンを利用しても返済額はそれほど変わりません。

某フィナンシャルプランナー系サイトA

そんなことはありません。
返済額は、「金利」と「借りる期間」で計算されます。
おまとめする際、「金利」が下がらなくても「借りる期間」を長くできれば、返済額を抑えることが可能です。

おやつイモ
おやつイモ

ただし、トータルで支払う利息が多くなることも

後ほど、具体的な例で解説します!

おまとめローンにこだわらない

取り扱い金融機関によっては「おまとめできる借入種類が限定される」という商品もあります。

某フィナンシャルプランナー系サイトB

これは、借入種類を限定する「おまとめローン」を使わなければよいだけの話。
ローンのおまとめは、使い道自由なフリーローンでも可能です。

おやつイモ
おやつイモ

“おまとめに使える”と書かれてないフリーローンでも大丈夫!

おまとめを申込むことを過度に心配しない

おまとめローンの審査に落ちてしまうと、銀行が加盟するJICCやKSCなどの信用情報機関に記録が残るので、その後に申し込む他のローン審査に影響が出ることがあります。

某フィナンシャルプランナー系サイトA

信用情報機関に登録されることへの注意は大切ですが、過度に心配する必要はありません
実は、ローン申込み情報は信用情報機関にたった6ヶ月しか登録されません。
詳しく確認したい人は、コチラをご覧ください。⇒ KSCCICJICC

おやつイモ
おやつイモ

よく耳にする「ブラックリストに5年のる」は、申込み情報でなく実際に借りたときの契約情報。信用情報機関の詳しい説明は「信用情報機関の理解を深める4つのポイント|CICとJICCとKSC」をご覧ください!

ローンをまとめる2つの効果

ローンをまとめる2つの効果

ここからは、ローンをまとめる「2つの効果」と「どのくらい効果があるか」を確認していきます。

毎月の返済額が減る

これは、ローンをおまとめする目的そのもの。

下の例で、どのくらい減るか確認しましょう。
先ほど紹介した「金利」と「借りる期間」に注目してください!
※以下は、元利均等返済で計算。

【いまの借入】毎月、合計で4万9,000円ほど返済しています。

現在の借入をまとめた表

【おまとめしたら・・・】4パターンで試算。

ローンのおまとめ試算表
  • ①:低い金利で、おまとめするので毎月返済額も総利息額も減る。これは当たり前ですね。
  • ②:低い金利かつ長い期間、おまとめできたら、圧倒的に毎月返済額が低くなります。
  • ④:金利が低くなくても期間が長いと、毎月返済額は減少総利息額は増加するので要注意

おまとめの効果が分かると思います。ただし、以下の点には十分に注意しましょう。

  • 「借りる期間」を長くした場合、総利息額が増加すること。
  • 上記はあくまで例です。ご自身の状況に応じて、おまとめの試算を行ってください。
おやつイモ
おやつイモ

試算(ローン計算)は、しっかりシミュレーションで簡単にできます!

毎月の資金計画が立てやすくなる

一言に、“毎月合計6万円のローン返済がある” といっても
「毎月5日に1万円、10日に3万円、20日に2万円」より
「毎月5日に6万円」引落しの方が、お金の管理は楽ですよね。

お金の管理が楽になると、気持ちのゆとりも生まれます。

まとめるべき借入とそうでない借入

おまとめ効果を高めるためには、なるべく多くの借入をまとめることをおススメします。

ただし、2つだけ注意すべき点があります。

  1. 住宅ローンや車のローンは金利が安いので、おまとめしてはいけない。
  2. 今ある借入を全額返済するとき、返済手数料がかからないかチェックすべき。

上記に注意しつつ、おまとめすべき借入は以下のとおりです。

  • 銀行、消費者金融のローン(カードローン)
  • クレジットカード等のキャッシングとショッピングのリボ払い
  • エステや脱毛、歯科矯正、通信教育や情報商材などの分割払い(手数料が高いもの)

ローンおまとめのマル秘テクニック

いよいよ「ローンおまとめ」の段取りについて、順をおって紹介します。
他には無いコツを記載しています。必ず役に立ちますので是非ご覧ください!

1.現状把握

今ある借入を一覧( 今ある借入一覧.xlsx )にして、分かりやすく整理しましょう。
このとき、「残りのローン残高」と「毎月返済額」は必ず記入。その他は分かる範囲で記入しましょう。

2.毎月返済金額の試算

1.でまとめたエクセルをもとに、しっかりシミュレーションを使い、金利・借りる年数を色々なパターンで試算して、申込み内容を大まかに決めておきましょう。

3.業者の選択
  • ローンのおまとめを申込む業者を3つほど選択
  • 申込み業者の選択は、安心・総量規制のない「銀行系」を優先しましょう。「銀行系」とは、銀行・信用組合・信用金庫などです。
  • 「銀行」を選ぶ際は、金利だけで3社を選ばないでください。
    銀行がアピールする最安金利になることは、ほとんどありません。
    重要なのは保証会社が異なる3つの銀行を選ぶこと」
    審査で重要なのは「保証会社が承諾するかどうか」です。
    例えば、別の2つの銀行に申込んだとしても、両方とも保証会社が同じな場合、審査結果も同じになります。
    保証会社は銀行に確認しないと分かりません。コールセンターに問合せしましょう(「○○銀行 コールセンター」で検索)。ここは踏ん張りどころ!頑張りましょう!!
4.おまとめ申込み

ローンの申込みで注意すべきは「同じ日に、選択した全ての銀行に申込むこと」です。
理由は、先ほど出た「信用情報機関への申込み情報が次の日には登録される」から。
申込みを複数の日に分けると、先に申込んだ内容が審査に影響する可能性があります。

5.おまとめ先の決定

申込んだ業者の中から、金利・毎月返済額・総利息額などから、一番納得できる業者におまとめ決定しましょう。
他のサイトでは「金利が最安の業者」を推奨しがちです。
しかし、例えば『金利は2番目だが、長く借りれるので毎月返済額が少ない』といったケースもあります。ご自身の毎月の生活ぶりに合う、納得できる業者を最終選択しましょう。

まとめ

他のサイトでは、紹介が少ない情報とマル秘テクをまとめておきます。

重要
  • おまとめは「金利をさげる」と「長くかりる」で効果を発揮する。
  • ただし「長くかりる」ときは、支払う利息がおおくなるので要注意。
  • 「おまとめローン」だけでなく、フリーローンでもおまとめできる。
  • 信用情報機関は過度に心配しない。「ローン申込み情報」はたった6ヶ月しか登録されない。
  • 住宅ローンや車のローンは金利が低いので、おまとめしてはいけない。
  • ローンのおまとめを申込む銀行は「保証会社が違う3社くらい」をえらぶ。
  • その3社へのローン申込みは、同じ日に行う。

以上が、ローンおまとめの正しい考え方と具体的なやり方・極意です。

最後に大事なのは、『皆さんが一歩を踏みだす勇気』です。
是非、毎日の生活をよくするために行動を起こしましょう!

タイトルとURLをコピーしました