借金はいくらからやばいのか?|借金のやばいケースTOP5

ローン

はじめて借金した人
借金がいくつもある人
今から借金する人

皆さんが最も気になること。

いくら借金したら
ヤバいのか?

10数年、銀行に勤める金融のプロが完全解説します。

この記事を読むと、以下のことが明確になります。是非ご覧ください!

  • 世間一般では、どのくらい借金しているのか?
  • どのくらい借金したらヤバいのか?
  • 金額だけじゃないガチでヤバい借金の仕方

平均的な借金額とは?

まずは世間一般の勤労世帯の借金額はどのくらいあるのか?

総務省の家計調査(2022年)で確認してみましょう。

おやつイモ
おやつイモ

家計調査の『負債に関する調査』をもとに解説します!

負債=借金とご理解ください。

全体

勤労世帯の負債の平均額は879万円でした。

ちなみに、
勤労世帯の貯蓄の平均は1,508万円

借金よりも、貯金の金額の方が多いようです。

借金879万円って意外と多くない?

おやつイモ
おやつイモ

では、次に借金の内訳を見てみましょう!

借金の内訳

借金の内容ごとに借金額を見ると、以下のようになります。

  • 住宅・土地を買うための借金
    =813万円
  • 割賦払い(分割払い)
    =21万円
  • その他の借金
    =45万円

ご覧のとおり、借金のほとんどが「住宅・土地を買うための借金」、つまり住宅ローンです。

カードローンや消費者金融、あるいは生活費や車を買うために借りたお金などは、全て「その他の借金=45万円」に分類されます。

おやつイモ
おやつイモ

世間一般の借金額は45万円が
一つの目安になりますね!

地域ごと

東京の人はお金持ちだから、借金は少ないんじゃない?

おやつイモ
おやつイモ

次は、地域ごとに借金額を比べてみましょう!

下表は、地域ごとの借金額を多い順に並べたもの。

地域全ての負債その他の借金
関東1,014万円52万円
近畿868万円50万円
東海809万円40万円
東北804万円33万円
九州796万円34万円
北陸750万円34万円
中国737万円49万円
四国734万円29万円
北海道729万円52万円

東京を含む関東が、圧倒的に借金額が多いですね。

また、その他の借金は、関東と並んで北海道も多いようです。

おやつイモ
おやつイモ

皆さんが住む地域はどうだったでしょうか?

借金はいくらからやばいのか?

一般的な借金総額のイメージがついたところで、次は『借金はいくらからやばいのか』について解説します。

結論から言うと、

  • 借金の金額だけでは、ヤバさは測れない!
  • 重要なのは、返済金額である。

です。

詳しくみていきましょう。

世間的一般の考え方

ネットで『借金はいくらからやばいか』と検索すると、以下2つの回答にたどり着きます。

  • 目安は100万円
  • 借金総額が年収の3分の1以上
おやつイモ
おやつイモ

しかし、金融のプロから見ると

2つとも本質的ではありません!

この2つの回答の落とし穴を解説します。

目安は100万円

何となくキリがいい数字で、100万円と言われると「ヤバそう」と思ってしまいますよね。

しかし、
年収1,000万円の人の借金100万円

年収200万円の人の借金100万円
では、ヤバさは全く違います。

おやつイモ
おやつイモ

100万円はあくまで目安だと思いますが、少し乱暴ですね。

このように、借金総額そのものだけでヤバさを測るのは無理があります

借金総額が年収の3分の1以上

例えば「年収600万円の人の場合、借金が200万円以上になるとヤバい」ということ。

これは、貸金業法の「総量規制」に基づく考え方です。

総量規制 = 年収等の3分の1を超える貸付けを原則として禁止する。

wikipedia「貸金業法

年収と比較して、借金総額を見るのはナイスな考え方ですが、一つ落とし穴があります。

それは『返済金額が多すぎて、毎月の支払いがお給料を超えてしまうケース』。

借金返済のみならず、トータルの月間収支を意識することがとても大切です。

「やばい」ってどういう状態?

そもそもの話ですが、やばい借金って何なのか?

この点を整理する必要がありそうです。

ざっくり言うと
『生活が苦しくなるほどの借金』

もっと具体的に言うと
『返済金額が多すぎて、毎月の収支が厳しくなるほどの借金』

つまり、借金のヤバさは
借入総額ではなく、借金の返済金額で測るべきなのです。

【結論】借金はいくらからやばい?

結論としては
毎月の手取り収入を超えて、返済しないといけない借金

これが、やばい借金です。

もちろん毎月、食費や光熱費など様々な支払いがあります。

しかし、これらの支払いを削ることは困難ですし、やみくもに減らすと、生活の質が落ちてしまいます。

ですので、心掛けるべきは
『毎月の手取り収入で返済できる範囲で借金する』ということです。

おやつイモ
おやつイモ

借金するときは、借金総額よりも返済金額に注意!

この借金はヤバい!TOP5

5位:貯蓄がほぼ無い

人間、何事も余力を残すことが大切。

借金も同じで、少しでもいいので預金などの貯えをもっておくことが重要です。

貯蓄が一切ないと

  • 急病にかかったら…
  • 結婚式のご祝儀など突然の出費が…
  • 家電が壊れた…

など急にお金が必要になったとき、借金返済が滞ってしまいます。

おやつイモ
おやつイモ

毎月の借金返済額の2か月分くらい貯蓄があると安心!

4位:毎月赤字

借金返済など毎月のお支払いが、お給料を超えてしまうとイエローカード。

きちんと返済してるから、いいじゃん。

という考えは危険です!

毎月赤字が続くと、貯蓄を食いつぶし、ゆくゆくは次の段階「延滞がある」状態になってしまいます。

おやつイモ
おやつイモ

次の第3位は「延滞がある」。

この辺からヤバさは本格化してきます。

3位:延滞がある

毎月赤字が続き、ついに貯蓄が底をつく・・・

すると借金返済ができずに、ついには延滞状態になってしまいます。

延滞となると、ヤバさは一段階あがります。

まず、銀行をはじめ貸金業者は、延滞者情報を個人信用情報機関に登録します。俗に言うブラックリスト登録です。

また、延滞しているということは、翌月には2か月分の返済をしないといけません。

毎月5万円なら、延滞してしまうと翌月は10万円の返済が必要ということです。

おやつイモ
おやつイモ

私の経験上、1回延滞したあと、元の状態に戻せる人は1割ほど。

1度でも延滞しないことが重要!

2位:元金が減ってない

毎月10,000円の返済をしていたとしても、その内訳によって、ヤバイ借金かどうかはわかれます。

内訳とは、利息と元金です。

おやつイモ
おやつイモ

元金とは、もともと借りたお金の一部のこと。

(良い内訳)
 利息=2,000円
 元金=8,000円

(悪い内訳)
 利息=9,000円
 元金=1,000円

悪い例では、毎回10,000円も返済しているにもかかわらず、借りていたお金は1,000円しか減りません

仮に、80万円を借りていたとしたら
良い例だと、約100回(約8年)で完済できますが、悪い例では完済まで800回(約66年)もかかってしまいます。

おやつイモ
おやつイモ

同じ10,000円の返済でも、元金が減らない借金はヤバいです。

1位:返済のために新たな借金

毎月のお給料だけでは返済できなくなり、延滞が発生。

どこからか、お金を入手せねば…

と思い、別の業者から新たにお金を借りてしまう。

いわゆる自転車操業。
コレは非常にヤバい!

この状態になってしまうと、
雪だるま式に借金がふくれていき、もう歯止めがきかなくなる最大級にやばい状況です。

まとめ

借金はいくらからやばいのか?

その答えは

  • そもそも借金総額ばかり気にしてる場合じゃない!
  • 大事なのは返済金額。
  • 毎月のお給料内で、返済できる範囲で借金すべし!
  • 借金するにあたっては、多少の貯蓄と月間収支が肝要。
  • 「延滞」突入はイエローカード。次はもうない。
  • 放っておくと「借金のための借金」をする事態に。

といった内容でした。

この記事は「借金なんてするな!」というものではありません。

現に私も1,000万円以上の借金があります。

大切なのは、毎月の収支に見合った借金をするということです!

皆さんが、良き借金ライフを満喫することを祈っております!!

タイトルとURLをコピーしました