ローン返済日はいつがいい?|現役銀行員のおすすめ返済ノウハウ

ローン

今からお金を借りる人に伝えたい…

ローン返済日の選択によって、返済のストレスはかなり変わります。

正直、ネット記事は中途半端な知識で語っている内容が多いので、注意すべき!

この記事では
10数年にわたり、融資業務に携わってきた現役銀行マンが失敗しないローン返済日の選び方を解説します。

正しい選択を行うことで
ストレスが少ない返済生活を送りたい人。

是非ご覧ください!

「オススメのローン返済日」を先に知りたい人は、コチラをクリック

ローン返済日は自由に決められるのか?

結論から言うと
完全自由に返済日を決められることは少ないです

それでは、順をおって説明します。

ローン返済日の決まり方

まずは、大前提です。
ローン返済日のルールは
同じ銀行でも、商品ごとに異なります。

おやつイモ
おやつイモ

A銀行のカードローンの返済日が5日しか選べなくても、同じA銀行の住宅ローンも5日しか選べないとは限りません!

その理由は

  • 銀行は、ローン商品ごとに保証会社をつけており
  • ローンの返済日は
    銀行が、ローン商品ごとの保証会社と協議して決定されるから

です。

保証会社って何?

保証会社とは、銀行からお金を借りた人が返済できなくなったとき、代わりに銀行に返済を行ってくれる会社のこと。銀行は保証会社に、毎月の返済金額の一部を保証料として支払っています。

したがって

  • 銀行は、いつ返済金を受け取れるようにするか
  • 保証会社は、いつ保証料を受け取れるようにするか

を協議する。
つまり、返済日をいつにするか協議するということです。

ローン返済日のルール

ローン返済日は大別すると

  • 返済日が指定されているパターン
  • 指定された範囲内で設定できるパターン

の2つに分けられます。

まずは
返済日が指定されているパターン

  • 「返済日は5日のみ」のように、銀行が指定する日しか返済できません。
  • 傾向として、カードローンは返済日が指定されるケースが多いです。

次に
指定範囲内で返済日を設定するパターン

  • 「1~26日の中から返済日を選択」のように、指定範囲内で自由に返済できます。
  • カードローンを除くローンは、範囲指定のパターンが多いです。
  • 特に、住宅ローンは通常、指定範囲内で選択できます。

必見!特殊なケース

ローン返済日は、「返済日指定」と「指定範囲内で選択」の2つに大別される

・・・のですが、
例外的な特殊なローン商品もあります。

例えば、
地銀の本部行員なら誰でも知っている北海道銀行カードローン「ラピッド」

このカードローンは
毎月6日を除いて、いつでも返済日OK』という「返済不可日指定」型です。

もう一つ、
福岡県の西日本シティ銀行「NCB EZフリーローン」

こちらは『原則、給与支給日またはその翌日』という珍しい商品設計になっています。

おやつイモ
おやつイモ

両商品とも、かなり珍しい商品です!

上記のように特殊なルールもあるので
ローン返済日をいつにするか迷ったら、まずは取引銀行の商品ごとのローン返済日ルールを確認しましょう!

おやつイモ
おやつイモ

もし「返済日指定」の商品を使おうとしている人は、この記事は参考までにご覧ください…。

なぜローン返済日で返済のストレスが変わるか?

お金のストレス

ローンを借りたあとのストレスは様々ありますが、基本的には大きく2つのストレスに集約されます。

ローン返済の2大ストレス

ローン返済中の2つのストレスとは

  • 返済できるかどうかのドキドキ
  • 返済できてないときの焦り

です。

例えば、

もうすぐローン返済日。

だけど、飲み会でお金がドンドン無くなる(汗)

という風に、数日後にローン返済日を控える中で、急な出費や生活費でドキドキするのは、かなりストレスになります。

そして、
結果的にローン返済日にお金が足りず、延滞してしまったとき

延滞してしまった!

お金を早く返さなきゃ!

焦る気持ちで頭がいっぱいになるのも大きなストレスです。

2大ストレスを防ぐ方法

  • 返済できるかどうかのドキドキ
  • 返済できてないときの焦り

この2つのストレスを防ぐコツは極めてシンプル。

一つは
返済できるかどうかドキドキする期間を無くすこと

二つ目が
必ず返済できるようにすること

です。

そして、この2つのコツを同時に実現するためには『ローン返済日を適切に設定すること』が重要です。

おやつイモ
おやつイモ

次の章で、いよいよ「ローン返済日はいつがいいのか?」を解説します!

ローン返済日は、いつがいいのか?

ローンを借りたあとのストレスを防ぐコツは

  • 返済できるかどうかドキドキする期間を無くすこと
  • 必ず返済できるようにすること

この2つを踏まえて「ローン返済日はいつがいいのか?」を解説します!

おすすめのローン返済日

結論から言います。

ローン返済日は
給料日同日にすべきです!
※同日がイヤな人は、せめて給料日の翌日にしましょう。

おやつイモ
おやつイモ

現役銀行員が言い切ります。

間違いなくこの方法が最適です!

その理由について、前述の「ローン返済のストレスを防止するコツ」に沿って解説していきます。

まずは、コツその1から。

  • 返済できるかどうかドキドキする期間を無くすこと

繰り返しになりますが、

返済日までにお金が無くなる心配があるからドキドキします。

何か出費があるたびに「もうすぐローンの返済があるなぁ…」とモヤッとする。

であれば、
このようにドキドキやモヤッとする期間を無くすために、給料が入ったと同時にローン返済が行われるようにすればいいということです。

次に、コツその2。

  • 必ず返済できるようにすること

返済日にお金が足りず延滞。
「返済しなきゃ」と焦る思い。

このストレスを無くすためには
給料が入った瞬間に、ローン返済が行われるようにすること。

そうすれば、延滞する可能性はゼロです!

給料日=ローン返済日の懸念

ローン返済日を給料日同日にした場合、懸念されることもあります。

まず、先にお伝えすると
安心してください。その懸念は全て問題ありません!

給料と返済どっちが先か?

給料日とローン返済日が同日だと
「ローン返済が先、給与振込みが後になったらどうなる?」という心配がありますよね。

安心してください。
確実に、給与振込みが先に行われ、そのあとにローン返済が行われます

少し詳しく説明すると

  • 給与振込みもローン返済も、センターカットという処理で行われます。
  • このセンターカット処理は、内容ごとに優先順が設定されています。
  • 優先順の考え方は
    ①給与振込みなどの入金系が最優先
    ②ローン返済など出金系は2番目
  • ということで、入金系の給与振込みが行われたあとに、ローン返済が処理されます。

給料日・ローン返済日が休日

給与振込みとローン返済の日が
休日だったら、どんな処理がなされるのか?も気になるところ。

これも安心してください!
確実に
給与振込みは休日前の営業日に行われ、ローン返済は休日直後の営業日に行われます。

銀行システムの処理内容を紹介すると、以下のとおりとなっています。

  • 給与振込み日などが休日のときは
    休日補正の設定によって処理内容が変わります
  • 休日補正には
    ・前営業日補正:前営業日に処理
    ・翌営業日補正:翌営業日に処理
    の2つがあります。
  • 休日補正の設定は、
    入金系は前営業日補正
    出金系は翌営業日補正
    となっています。
おやつイモ
おやつイモ

「銀行によって休日補正は異なる」とするブログもあります。

しかし、この設定は各銀行共通の処理です。

ネットのウソ情報って怖いなぁ…と思います。。

給料日が変わったら

「給料日が5日から15日になった!返済が厳しい!」

こんなケースもありますよね。

今までは、5日に給料が入った直後にローン返済。
しかし、給料日が15日になると、給料が出ないまま5日のローン返済日を迎えてしまう。

かなり厳しいケースです。

大丈夫です。
今、借りているローンの条件変更で対応できます。

具体的なアクションとしては

  1. まずは銀行に相談(最初は電話でも可)。
  2. 「給料日が変わったので、ローン返済日を変える条件変更をしたい」と伝える。
  3. 条件変更の手続きを取る。

以上です。

ちなみに…
銀行によっては、ローン返済日の条件変更を受け付けてない銀行もあります。

そのときは、借換えという手段もあります。
新たにローンを組んで、今のローンを完済する。もちろん、新たに組むローンの返済日は変更後の給料日にしましょう。

条件変更も借換えもデメリットとして
手続き手数料や契約書の印紙代がかかること、単純に面倒くさいことなどがあります。

ですので、実際にやるかやらないかは、あなた次第です!

ネット上の「おすすめローン返済日」を斬る!

冒頭お伝えしましたが、
本当に、ネット記事は中途半端な知識で語っている内容が多いです!

ここからは、他のサイトで紹介される「おすすめのローン返済日」の誤りを紹介していきます。

「月初日にすべき」のウソ

まずはコチラから。

毎月返済日はなるべく月初に指定していただくことをおすすめします。

某サイト

理由は

  • 一度でも月を超えて延滞すると、個人信用情報機関に「延滞実績あり」と登録される
  • したがって、月を超えないようローン返済日を「月初」にしよう

ということらしいです。

一見、専門的で正しそうな意見。
でも、融資業務の経験がある銀行員は、すぐにウソに気づきます。

個人信用情報機関に「延滞実績あり」と登録されるのは、『返済日より61日以上、または3カ月以上も延滞したケース』です。

一度、月越え延滞しても個人信用情報機関に登録されません。

おやつイモ
おやつイモ

著者は元銀行員のようですが、おそらくコアな融資業務は未経験…

このウソは置いといて
私が推奨する「ローン返済日を給料日と同じ日」にすれば、そもそも延滞しません。

「給料日の5日後以降」のウソ

続いてはコチラ。

給料日が10日なら返済日を15日以降
給料日が25日なら月末や翌月の上旬など

某サイト

理由は
給料をもらってからローンの返済口座に入金できる日までの日数に余裕が持てるようにするため、とのこと。

まず思うのが、
給与振込み口座とローン返済口座を同じにすりゃいいじゃん」ということ。

おやつイモ
おやつイモ

いや、待てよ…

給与を受け取る銀行と、ローンを利用する銀行を使い分けている人がいるかも!

はい。そのような人は
毎月同じ日に、同じ金額を自動で送金する定額自動送金を使いましょう。

ということで、あえて給料日から5日以上もあける必要なんてありません!

まとめ

まとめ

ローン返済日は、間違いなく給料日と同じ日にすべきです!

そうすることで、

  • 返済日までの出費によるストレスがなくなり
  • 延滞する可能性はゼロになり

安心して、ローン返済を行えるようになります!

万が一、ローン返済を行う中で
不具合がある場合は、返済日を変える条件変更の手続きを行いましょう!

タイトルとURLをコピーしました