35年ローンの後悔10選|現役銀行員が教える対処法

ローン

幸せいっぱいで購入したマイホーム。

でも、いざ住宅ローンの返済が始まると、けっこう生活が苦しくなる人もいます。

しかも、35年の住宅ローンだと、後悔の度合いが大きくなることも…

この記事では、
銀行員生活10数年の筆者が、住宅ローン業務に従事する中で見聞きしてきた

  • 住宅ローンを借りた人の後悔
  • 後悔の内容ごとの解決策

を一挙紹介します。

おやつイモ
おやつイモ

筆者は若い頃

年間50件の住宅ローンを契約。

その後、長きにわたり債権管理業務に携わってきました!

他にはない細かな情報ばかりです。是非ご覧ください!

こんな人にオススメ

長期の住宅ローンを…

  • 借りて後悔している人
  • 今から借りようとしている人

35年の住宅ローンとは?

基本的な情報

まずは、基本から。
35年の住宅ローンとは『借入れ期間が35年の住宅ローン』です。

その名のとおり、デメリットとして

  • 長い期間、返済しないとけない
  • それゆえ、転職や給与減少に弱いし
  • 年をとっても返済が必要

などが挙げられます。
一方で、

  • 毎月の返済額が少なくて済む
  • それゆえ、ゆとりある生活が送れる
  • 他のローンを組みやすい

といったメリットがあり
現状、銀行が取り扱う住宅ローンの中ではメインの商品です。

35年ローンの後悔と対策

それでは早速、本題です。

35年で住宅ローンを借りた人が
後悔することベスト10

それぞれの対策とともに確認しましょう!

借入れ期間を短くすればよかった

銀行員から言われるがまま、35年ローンを契約。

毎月の返済額が少ないから、生活は楽だけど…

この返済生活が30年以上も続くなんて絶望的!

と感じるようになる人は多くいます。

もし、そのように感じたことが無い人は、

銀行から定期的に送られてくる返済明細表のチェック

をオススメします。

返済明細表の借入残高をご覧になると、あなたが思っているよりも残高が減っていないとしたら…

その要因は、借入れ期間が長いからです。

対策
  • 借入れ後の返済が始まっていても、借入れ期間を短縮できます。
  • その方法は繰上げ返済または条件変更です。
  • 繰上げ返済とは、
    • 毎月の返済とは別に、まとまった金額を一括で返済すること。
    • 手続きは簡単。銀行窓口で「住宅ローンを〇〇万円繰上げ返済して、期間を短縮したいです」と申し出るだけ。
    • 銀行によっては、インターネットバンキングでも繰上げ返済の手続きが可能。
    • 繰上げ返済による期間短縮の場合、毎月の返済額は変わりません。
    • まとまったお金がある人には、この方法がオススメです。
  • 条件変更については、
    • まとまったお金が無い人に適した対策です。
    • 銀行に行き「借入れ期間を短くする条件変更をお願いしたい」と伝えるだけ。
    • ただし、銀行によっては渋ることも。また数万円の手数料を取られることも多いです。
    • なお、条件変更の場合、毎月の返済額は確実に増えます

もっと好条件で借りられる金融機関があった

ネット銀行を中心に、住宅ローンの商品性はちょくちょく変わります。

したがって、住宅ローンを借りた後で

  • もっと金利が安い住宅ローン
  • 特別な団信がつく住宅ローン
  • 毎月の返済額が抑えられる住宅ローン

などを発見することがあります。

ということで
たとえ住宅ローンを契約する際、いくつかの銀行で相見積もりをとり吟味を重ねていたとしても

もっと好条件で借りられる銀行があるじゃないか!

と後悔することがあります。

そんなときは過去は振り返らず、今できる対策を行いましょう!

対策
  • 対策は2つ。借換え住宅ローンの条件交渉
  • 借換えとは、
    • 好条件の住宅ローンで借りた資金で、今の住宅ローンを完済すること。
    • 好条件の住宅ローンに変えることで、メリットがあるケースは借換えがオススメ。
    • 注意点は「諸経費」。
      住宅ローンを借りる際、不動産登記費用や印紙代など諸経費がかかります。
    • 新たに住宅ローンを組みなおすと、この諸経費が再び必要になります
    • 借換え作戦を取るなら、まずは好条件を提示する銀行に相談しましょう。
  • 次に、住宅ローンの条件交渉。
    • これは、既に住宅ローンを借りている銀行に行き、「××銀行は、金利が0.05%。おたくの銀行も同じくらいの金利にできないの?」と交渉することです。
    • 追加で言うならば「もし、金利が下がらないなら、××銀行に借換える」
    • 給振や預金、資産運用などを行っていれば、条件変更に応えてくれる可能性が高まります。

毎月の返済額が多すぎる

35年ローンに限らず、住宅ローン利用者の後悔で最も多いのが

毎月の返済額が多くて、生活が厳しい!

であることは間違いありません。

もし、あなたが借入れ期間をMAXギリギリで、住宅ローンを組んでいるとしたら、とれる対策は、ただ一つ。

借換えです。
(方法はコチラ

おやつイモ
おやつイモ

借入れ期間MAXで借りてる場合、最終返済日をさらに延ばすことはできません!

借り換える意味があるのは

  • 今よりも長い年数で借りられる。つまり、毎月返済額を減らせる。
  • 今の住宅ローンより金利が安い。

に限られます。

毎月もっと多く返済できる

住宅ローン契約時、
銀行員から勧められるがまま、35年で住宅ローンを契約した人の中には

毎月もっと多く返済して、早くローンを無くしたい!

と前向きな後悔をする人もいます。

この場合は
条件変更を検討しましょう!

対策
  • オススメな対策は繰上げ返済条件変更の両方とも行うこと。
  • 繰上げ返済を行うことで、期間をガッツリ短縮。
  • しかし、繰上げ返済だけでは毎月返済額は変わりません。
  • そこで、最終返済日を前倒しにする条件変更もあわせて行うことで、元金を減らしつつ、毎月返済額を増やし、住宅ローン返済のスピードを上げるのが理想的な対策です。

引っ越したい!

『購入した家に住み飽きた』
『会社の都合で引っ越し』
『地域住民とトラブった』など

今すぐ引っ越さねば!

でも、35年ローンがある!

という後悔も、時としてあり得ます。

そんなとき、
足かせになるのが、長期住宅ローン。

ということで、この手の後悔を解決するには住宅ローンを無くすこと

対策
  • 住宅ローンを無くす、つまり住宅ローンを完済しましょう。
  • そのために、まず真っ先に行うべきは
    建物・土地といった不動産を売却し、その売却資金で住宅ローンの繰上げ返済を行うこと
  • 不動産売却は以下の流れで行いましょう。
    1. まず不動産屋に行き、売却金額を見積もり
    2. 次に銀行で繰上げ返済の相談
  • ただし、戸建て住宅の場合、想定より低い売却金額になる可能性大
    • 建物価格は、どんどん低下
    • 土地価格は、地価により変動
  • ほとんどの場合、不動産売却資金だけでは、ローンの完済はできません。
  • そのときは、自己資金で完済するか、残ったローンを払い続けるかしかありません。

想定外の出費

金八先生の言葉
「思いもかけないことが起きるのが、人生です」

とはよく言ったもので、
35年ローンを借りたあと、想定外の大きな出費が発生することもあります。

  • 自身またはご家族が病気にかかる
  • 身内が事故にあう
  • 何らかの賠償責任を負う
  • ギャンブルにはまってしまい…

など様々なケースが。

そんなときには、コチラの解決策を!

対策
  • 銀行員の視点で言えるアドバイスは『住宅ローンの条件変更』と『他にローンを借りる』です。
  • 住宅ローンの条件変更の目的は、毎月の返済額を減らして、何とかやりくりできるようにすること。
  • あわせて、急な出費をしのぐため、別のローンを組むことです。
  • 一方で、現実的には周りに助けを求めることも大切。
  • 親や兄弟姉妹・友人などに現状を伝えると、何かの解決策が見つかるかも…。とても勇気が必要なことですが、一人で苦しまないようにしましょう!

他にも借金してしまった!

長期の住宅ローンを抱えながらも

  • ギャンブルにはまってローンを組む
  • カーローンで、車を購入
  • 子どもの学費を教育ローンで

など他に借金することは普通にあります。

そんなときは

35年ローンが無ければ楽なのに!

と後悔しますよね。

対策
  • この場合、住宅ローンに対して何か行うべきではありません。
  • なぜなら、住宅ローンの金利は極めて安いからです。
  • 手を打つべきは、その他のローン・借金。対策として複数ローンのおまとめを検討しましょう。
  • ローンをおまとめすると、毎月返済額が抑えられる可能性が大!詳しくは下の記事をご覧ください。

ボーナス月の加算返済が厳しい!

毎年のボーナスを頼りにして、年2回だけガッツリ返済する加算返済。

毎月の返済額が抑えられる仕組みですが…

  • ボーナスカット!
  • 転職した企業にボーナスなし!

といった事情から、加算返済が苦しくなるのは、よくある話。

毎月返済が多少増えてもいいから、加算返済をやめたい!

と後悔することもあります。

そんなときは…

対策
  • 条件変更で解決可能!
  • 銀行で、以下の相談をしましょう。
    • 「ボーナスがなくなったので、加算月の返済をやめたい
    • 「ボーナスカットされたので、加算月の返済を減らしたい
  • 注意点は、加算返済を減らすと毎月の返済額が増えること。
  • したがって、住宅ローンを借りるときと同じく、条件変更のシミュレーションをしっかり行いましょう。
  • 銀行にシミュレーションをお願いするときは、下の記事をチェック!

定年退職が近いけど返済が続く

定年退職を前にして、

この歳になっても住宅ローンがあるのはツライ…

という人はかなり多いです。

おやつイモ
おやつイモ

私も融資窓口で、何度も相談されました…

日経新聞の調査によると、
再雇用された場合でも、給与は6割ほどの水準になるとのこと。

給料4~6割減が過半、定年後再雇用の厳しい現実 - 日本経済新聞
業務量や拘束時間はあまり変わらないのに給料は大幅ダウン――。日経ビジネスは2021年1月、40~74歳を対象に定年後の就労に関する意識調査を実施し、約2400人から回答を得た。そこから明らかになったのは、定年後再雇用の厳しい現実だ。定年後も...

長期の住宅ローンにも何らかの対策を行いたいところですが…

対策
  • 対策はただ一つ
    退職金などで繰上げ完済
  • 住宅ローンは金利が低いので、他のローンへの借換えは意味ナシ。
  • 残高が減っていると、他行の住宅ローンに借換えるのもメリットナシ。
  • 住宅ローンの返済を無くしたいなら、自力で完済するしかありません。
  • つまり、元をたどれば『住宅ローンを契約するとき、定年退職時を想定しておくこと』が極めて大切ということですね!

繰上げ返済しすぎて、お金がない!

ここまで出てきた後悔の解決方法として繰上げ返済をオススメしてきました。

人によっては

繰上げ返済しまくった!

お金がなくなった!!

というぶっ飛んだ人もいるかもしれません。

おやつイモ
おやつイモ

繰上げ返済したお金は

もう戻ってきません…

これ。
解決策ありません。

しいて言えば
繰上げ返済できる余裕があるけど、計画性が無いあなた!

もっと計画的に返済しましょう!

まとめ:35年ローンの後悔は取り戻せる!

まとめ

この記事では、
長期住宅ローンを借りたあとの後悔その対策法を紹介してきました。

しかし!
もっとも大切なことは、住宅ローンを契約する前に

  • ライフプランを想定し
  • 無理のない返済額を決めて
  • 借入れシミュレーションを行う

それに加えて、
急な出費・想定外のことに耐えられるよう

  • 資産形成・資産運用も行うこと
  • 仕事を継続できるように自己研鑽
  • 困ったときに頼れる人間関係構築

に取り組むことも大切です。

万が一、住宅ローンの返済が苦しくなり…
この記事で紹介した対策も打てなくなったら…

頭を切り替えよう!

  • 自己破産すれば解決できます
  • 今の家に住めなくなるけど
  • でも、平気です!
  • 人生は絶対にやりなおせます!!

住宅ローン返済できない…
自己破産…
辛いですよね。
でも、命までは取られません。

一旦、リセットして、またやり直せます!

やり直すため
まずは住宅ローンを借りている銀行を訪ね、一歩をふみだしましょう!

タイトルとURLをコピーしました