悩める銀行員・成長したい銀行員は書籍『仕事と人生』を読もう!

銀行員を極めたい

巷には、たくさんの自己啓発本があります。
なので、

銀行員として一皮むけたい!!

ある程度、経験を積んだけど

まだまだ成長したい!!

と思って、本を探すと
悩ましいほど色々な書籍に出会えます。

そして、あなたはこう思うでしょう。

銀行という特殊な世界で生きる自分が読むべき本はどれ?

そんなあなたにオススメしたいのが

西川善文氏の著書

『仕事と人生

この記事では、本書の概要とオススメポイント、感想を紹介していきます。

基本情報

  • 著者   :西川 善文
          (三井住友銀行 元頭取)
  • 発行日  :2021年3月20日
  • 発行元  :講談社
  • 定価   :990円(税込)
  • 頁数   :185ページ
  • 本のサイズ:小型
          (10.5cm×17.5cm)

著者の紹介

西川 善文 氏は

  • 1938年 奈良県で生まれ
  • 1961年 住友銀行に入行
  • 1997年 住友銀行の頭取に就任
  • 2001年 三井住友銀行の初代頭取
  • 2006年 日本郵政の初代社長

といった華々しい経歴を持つ、稀代の銀行経営者です。

おやつイモ
おやつイモ

40代以上の銀行員で西川氏を知らない人はいないでしょう!

そんなキングオブバンカーの銀行で働くコツが書かれているのが『仕事と人生』。

だから、銀行という特殊な世界で生きる銀行員にとって必読の書であるといえます!

サブタイトルだけで武者震い

内容を紹介する前に触れておきたいのが本書のサブタイトルと帯文です。

「ラストバンカー」の遺言

厳しさと優しさが同居する珠玉の言葉の数々。
いつの時代も変わらぬ本物の仕事術がここにある。

西川善文「仕事と人生」

この本は、銀行を少しばかり知ってるコンサル実務の世界から離れた学者さんが書いたものではありません。

昭和から平成。
戦後復興・高度経済成長から平成金融危機と銀行の経営統合。

この激動の時代に、その人生をかけてトップを走り続けてきた本物の銀行家が残した珠玉の言葉たち。

このサブタイトルを読むだけで、不思議と胸が奮い立ち、「よし!やってやろう!」という気持ちになるのは私だけではないはずです。

『仕事と人生』のオススメポイントとは?

それでは、少しだけ具体的な内容をまじえながら、本書のオススメポイントを紹介していきます!

ヤバイくらい読みやすい

本書は6つに章立てされています。

  1. 評価される人
  2. 成長する人
  3. 部下がついてくる人
  4. 仕事ができる人
  5. 成果を出す人
  6. 危機に強い人

それぞれの章は4~6個のテーマで構成。
1つのテーマは4~7ページと、それほど多くないので仕事終わりの疲れきった状態でも負担なく読めるようなっています。

また、章の名称のとおり、本書を読む際には『どんな人になりたいか』のイメージがあれば、どこからでも読み進めることができます

おやつイモ
おやつイモ

「人」に焦点をあてた本は意外と少ないです。

よくある「知識」を紹介する本だと『どんな人になりたいか』と『そのためにどんな知識が必要か』が固まってないと、読み進めるのが難しいですよね

つまり、この本は格段に読みやすい本なのです!

様々な悩みに対して、具体的なアドバイスをくれる

一言に「銀行員として成長したい」といっても、それぞれ状況が違うし、悩みの本質も異なります。

本書は、それぞれの状況や悩みに応じて、直接的かつ具体的な解決策や物事の考え方を教えてくれます。

例えば、私が初めて部下をもったとき

おやつイモ
おやつイモ

どのような指導を行うべきか…

と悩んでいました。
すかさず読んだ本書『仕事と人生』の第三章「部下がついてくる人」には、このように書かれていました。まとめて箇条書きします。

  • 相手が納得するように叱る。
  • 公平に叱る。
  • 相手に「なぜ叱られているか」をよく理解させる。
  • 本人が失敗の原因をわかればいい。
  • 言葉は八分にとどめよ。
西川善文「仕事と人生」第三章◎部下がついてくる人

かなり短くまとめて記載しても、かなり具体的で、すぐに実績できる内容です。

また、

部下を育てると同時に自分も成長を

課長に就任したとき「課長として頑張る」と誰しもが思う。だが、その時点で課長の職責を全うするすべての力を持っているわけではない。(中略)上に立つ者は部下を育て伸ばすのと同時に自分も学び成長することを忘れてはなるまい。

西川善文「仕事と人生」第三章◎部下がついてくる人

ここまでの言葉が出てくるのは、やはり一つも二つも上の鳥瞰した視野で銀行組織を見てきた著者だからこそ、と感じます。

ラストバンカーと称される著者の失敗談

繰り返しになりますが
著者は、稀代の銀行家である西川 善文氏です。

本書は、著者の成功と実績に基づく話のオンパレード・・・と思いきや、意外にも失敗談やうまくいかなったことも紹介されています。

駆け出しの新米だけに私はなかなか目標を達成できなかった・・・

営業を担当して八ヵ月もの間、目標に届かなかった・・・

西川善文「仕事と人生」第二章◎成長する人

アクセルを吹かしすぎてバイクが加速し、会社の前に停めるつもりが材木店のドアを突き破って土間にまで飛び込んだ。

西川善文「仕事と人生」第三章◎部下がついてくる人

理路整然とした文章の合間に「メガバンクの頭取もそんな経験したんだ!」という様々なエピソード。『誰にでも失敗はある』というメッセージ性を感じさせることも本書の魅力の一つです。

とにかく前向きになれるワードが盛りだくさん

本を読む目的は、

  • 知識や知見を得ること

に留まらず

  • ストレス解消や気分転換

といった側面も大いにあります。

このリフレッシュ効果の点においても、本書『仕事と人生』はオススメの書籍です。

一生懸命やっていると、そういう変なツキが出てくるものだ。

西川善文「仕事と人生」第二章◎成長する人

会社の中でなかなか日があたらなかったときがあっても、なすべきことをきちんとやっていれば、必ず人の目にとまるときがくる。

西川善文「仕事と人生」第二章◎成長する人

共通するメッセージは『悩んでいる今まさに成長しているんだ!そして、努力は必ず報われる!』ということ。

胸がアツくなり、勇気がわいてくるのは私だけではないはず。

まとめ

書籍『仕事と人生』は

  • メガバンクの元頭取が書いた著書
  • 章立てが端的で、内容は具体的でとても読みやすい
  • 「どんな人(銀行員)になりたい」という思いに、ダイレクトに答えてくれる
  • 銀行トップの頭取の失敗談やハートフルなメッセージ盛りだくさん
  • 「努力は必ず報われる!」
    読むと前向きになれる。そして、銀行員魂に火が灯る

そんな内容の銀行員必読の書籍です。

銀行員の皆さん、まずは本屋で本書『仕事と人生』を手に取り、新しい世界への一歩をふみ出すことをオススメします!

タイトルとURLをコピーしました