銀行員になるために家柄は大事なのか?|銀行員の親の職業を徹底調査

銀行員になりたい

結論からいえば…

銀行員になれるかどうかは…

あなた次第!

おやつイモ
おやつイモ

この令和の時代。

家柄だけで就職は決まりません。

とは言うものの

もし同じ能力の人が2人いたら、銀行は両者の違いを見つけ、優れた方を採用します。

『両者の違い』の一つが、

家柄親の職業

なのです。

既に就職活動を行っている人は、面接で「親の職業を聞かれた」のは金融だけという実感がある人も多いのではないでしょうか?

この記事では、皆さんの「どんな家柄だったら銀行員になりやすいのか?」に、現役銀行員がお答えします!

親がお金持ちじゃないと、銀行員になれないの?

おやつイモ
おやつイモ

親が金持ちじゃない銀行員は、たくさんいます!

この記事では、
銀行の人事が採用のとき気にしていることも紹介しています。

ぜひ参考にしてください!

一般家庭出身でも銀行になれる!

まず皆さんにお伝えしたいのは
実家がお金持ちじゃなくても銀行員になれます!

むしろ、私の周りには、ただの金持ちや地元の名家出身の銀行員は少ないです。

おやつイモ
おやつイモ

そもそも働く必要がないお金持ちは、銀行員にならないです。

一方で、事業を営む金持ち家庭で育った人は銀行員に多いです。この点から、銀行の採用で重視されるのは『お金を稼ぐ』という意識があることと考えられます。

そして、もう一つ大事なのが『向上心がある』ということ。自分と銀行をガンガン成長させたいアツい気持ちを持つことが、とても重要です。

ということで
もう一つ大事なことは『面接で親の職業を聞かれたら、しっかり事実を答えること』が大前提になります。

そもそも、その銀行に親の預金口座があるなら、銀行側は親御さんの預金額だけでなく、給与額・勤務先、金融資産規模など多くのことを把握しています。

ウソをついてもバレます。
そして、ウソがバレた瞬間、不採用が決定します。

あなたが銀行員になるためには・・・

銀行員になるための条件は、ただ一つ。

採用試験に合格すること

そして、あなたの試験合否を握るのは…

採用を担当する人事部門

となると、あなたが知るべきことは

  • 人事部門が何を気にするのか?
  • 人事部門が恐れること

人事部門の実情

です。

人事部門の実情

人事部門は、銀行内でそれなりに権力をもつ存在。

しかしながら「常に誰に対しても最強」というわけではありません。

人事部門の利害関係、人事部門が恐れることを見ていきましょう!

頭取をはじめ役員には逆らえない

人事部門はじめ、誰も役員には逆らえません。

採用を含めた銀行内の人事についても、人事部門には立案義務があるだけで、人事の決定権は役員にあります。

おやつイモ
おやつイモ

もちろん一般行員レベルなどの細かな人事まで、役員が口出す訳ではありません。

つまり、逆にいえば役員の懐に入ってしまえば人事は安泰ということです。

これは、採用試験を受ける人にも言えること。

役員から『知人の子どもが、うちの銀行に入りたいらしい』と言われれば、人事部門は当然、忖度せざるを得ません。

支店長など権力者からの圧力

「使えない行員を採用すんな!」という支店長の圧力を受ける人事部門。

そして、支店長からのもう一つの圧力が

「重要取引先のご子息が、うちの採用試験うけるらしい。分かってるな・・・!」

支店長は、収益をもたらしてくれる重要取引先への配慮を欠かしません。

おやつイモ
おやつイモ

その収益によって自分(支店長)が評価されるので当然!

万が一、重要取引先のご子息が採用試験に落ちてしまうと、取引解消などのリスクが発生します。

人事部門に全力で圧力をかけるのも納得です。

監査部門からの責任追及

監査とは、

業務の執行や財務状況について、法令や社内規定の遵守、および有効性を評価・報告すること

https://www.atled.jp/wfl/article/21607/

監査部門は、銀行内のあらゆる部署を客観的に評価し、何らの事件が起きたときに調査・分析を行います。

また、横領など不祥事件が発生したときには、

  • なぜ人事部門は不祥事件を未然に防止できなかった?
  • そもそも採用時点で問題がある人を採用したのでは?

といった責任追及が行われます。

若い銀行員たちの離職

営業担当者が、営業成績で評価されるように、

人事部門は、採用した銀行員たちの成長や活躍で評価されます。

逆に、採用した若い銀行員が辞めると、人事部門は非難されてしまいます。

おやつイモ
おやつイモ

人事部門は「優秀な銀行員の離職」を非常に恐れています。

したがって、採用試験では

上司
上司

この人は、途中で辞めないかな…?

という視点で、銀行の採用試験を受ける学生を見ています。

銀行員にとって家柄が良い職業とは!?

銀行の人事部門の気持ちを知ると、おのずと「どのような人が採用したがるのか?」が見えてきます。

ここからは、銀行採用の決め手の1つである『家柄』について、深く考察します。

銀行にとって、採用したくなる家柄・親の職業とは!?

おやつイモ
おやつイモ

採用されやすい順に紹介します。

お取引先の経営者の親族

圧倒的優位に、銀行の採用試験を突破するのが「その銀行と取引がある企業の経営者の親族」です。

親族といっても、そのほとんどが経営者のご子息。

銀行側は

  • 不採用にして、取引を解消されたくない

という打算がありつつも、現実には

  • 経営者のご子息は優秀な人が多い

ということで採用を決めることが多いのも事実。

ちなみに、我が子を銀行に勤めさせたい経営者サイドには

  • 銀行との良好な関係を継続したい
  • 財務知識、経理、ビジネス知見を身につけさせたい
  • 銀行内での人脈を築きたい

といった思惑があります。

親も銀行員

親が銀行員であることの信頼度は絶大で、とても採用されやすいです。

親と同じ職業を選ぶ人は多いもので、2代目銀行員は非常に多い!

おやつイモ
おやつイモ

私が属する部門の『親も銀行員率』は脅威の4割以上!

採用を決める銀行としては

  • 親が銀行で働く姿を見て育ってきた
  • 家庭内で銀行の話題が多いはず

つまり、銀行への理解が深いという点の評価が高いようです。

親が地元優良企業に勤める

地元の優良企業

地方銀行で特に多いのが「親が地元優良企業に勤務」のケース。

最初に紹介した「お取引先の経営者の親族」と類似したものではありますが、採用人数がこちらの方が圧倒的に多いです。

シンプルに考えると、親が地元優良企業勤めのご家庭は、

  • 子どもの教育をしっかり行っており
  • 地元への愛着が強い子供が育つ

ということで、地銀が欲しがる人材が多いものと考えられます。

親が公務員

親が公務員の銀行員も結構います。

公務員の特徴といえば、安心感地元に根差した職業であること。

そのような親の元で育った若者は、銀行の人事部門にとって重要な存在。

お金の使い込みなど不正の心配が少なく、また地元意識が高く、離職も少ないと見られます。

まとめ

まとめ

銀行員に多い家柄を紹介していきました。

ここで紹介したのは、多い傾向にある家柄・親の職業です。

「この記事にない職業だと採用されない」と諦めてはいけません。

基本的には、銀行は
『あなたがどんな人物か?』を徹底的に重視します。

まずは、自分を磨くこと、そして磨いた自分を採用試験でしっかりアピールするよう努力しましょう!!

タイトルとURLをコピーしました