通帳がマイナス表示に!|そのまま放置しても大丈夫?

ローン

この記事は、
預金残高がマイナスになり、不安を感じている人のための記事です。

預金残高がマイナスになるのは、銀行のサービスの一つですので、ひとまずご安心を。

ただし、放置しつづけると、損する可能性があります。
お金があるなら、早めにマイナスを解消することをオススメします。
詳しくは本文をご覧ください!

預金がマイナスになる理由

通帳を見ると残高がマイナスになるのは『自動貸越サービス』によるものです。

自動貸越サービスは、お金をおろすときに、預金残高が足りなくても、自動で預金残高を超えてお金を引き出せるサービスです。イメージは下図をご参照ください。

貸越サービスのイメージ図

この自動貸越サービスには、2つの種類があります。

この種類によってマイナスのまま放置したときの影響が少しだけ異なります。

それでは、2つの自動貸越サービスについて詳しく説明していきます!

総合口座の自動貸越サービス

1つ目の自動貸越サービスは、
普通預金と定期預金等がひとつになった「総合口座」に付随する自動貸越サービスです。

おやつイモ
おやつイモ

預金口座には、総合口座をはじめ様々な種類が。

詳しくはコチラ→預金のラインナップ全11種

具体的には、『総合口座の定期預金額の90%まで、普通預金残高のマイナスを許容する』という貸越サービス。
例えば「定期預金が100万円ある人は、普通預金をマイナス90万円まで使える」というもの。

なお、マイナスには上限金額が設けられています。主要な銀行の例は以下のとおりです。

銀行名貸越上限金額貸越利率リンク先
東京三菱UFJ銀行定期預金合計額の90%(最高200万円)定期預金の約定利率+0.5%総合口座
みずほ銀行定期預金合計額の90%(最高200万円)定期預金の約定利率+0.5%総合口座の当座貸越とは
三井住友銀行定期預金合計額の90%(最高200万円)定期預金の約定利率+0.5%総合口座取引規定

総合口座で定期預金をしている人は、総合口座の自動貸越サービスにより、残高がマイナスになっていると考えられます。

おやつイモ
おやつイモ

総合口座の自動貸越サービスは、基本機能なので身に覚えがない人が多いようです。

随時返済型カードローン

「総合口座の定期預金がない」のに、残高がマイナスになっている。

この場合は、2つ目の自動貸越サービス
「随時返済型カードローン」を利用していると思われます。

おやつイモ
おやつイモ

随時返済型カードローンは、申込みと審査を経て利用可能。

記憶にある人がほとんどではないでしょうか。

“カードローン”と名はつきますが、専用のカードはありません

キャッシュカードでお金をおろしたときや、引落しが発生したときに、あらかじめ決められた上限金額までマイナスを許容してくれます。

おやつイモ
おやつイモ

日本では、一部の地銀しか取扱いがありません。一方、欧米ではオーバードラフトという名で、広く利用されています。

利息の負担額はどのくらいか?

この2つの自動貸越サービスを使ったとき、銀行に支払う利息額はどのくらいなのか、チェックしましょう!

【総合口座の自動貸越サービス】
・マイナス50万円
・利率=定期預金の利率+0.5%
 仮に定期預金の約定利率=0.01%
・50万円 × 0.51% = 年間2,550円の利息

【随時型カードローン】
・マイナス50万円
・利率=9.8%
・50万円 × 9.8% = 年間49,000円の利息

おやつイモ
おやつイモ

随時型カードローンは

かなりエゲツない利息額!

ゆうちょ銀行の通帳がマイナスの場合

もちろん、ゆうちょ銀行にも自動貸越サービスはあります。

総合口座の自動貸越サービスにあたるのが、ゆうちょ銀行の『貯金担保自動貸付け』。一般の銀行の自動貸越サービスとの違いは、上限金額が300万円と高い点です。

次に、随時返済型カードローン。
こちらはゆうちょう銀行では『口座貸越サービス』です。商品性は一般の銀行の随時返済型カードローンと同じです。

自動貸越サービスのメリット

自動貸越サービスのメリットは『銀行に預けてるお金以上の金額を使える』ということ。

具体的に、自動貸越サービスのメリットが発揮されるシーンを紹介します。

電気代などの引落し

電気代やスマホ代などの引落しの日。引落し分のお金(預金残高)がなかったら、引落しできずに延滞状態になります。

おやつイモ
おやつイモ

銀行では、引落しエラーのことを「不能」と呼びます。

自動貸越サービスがあれば、残高がなくてもエラーにならず、引落しができます

急な出費

当然、ATMでお金をおろす際も、自動貸越サービスのメリットが発揮されます。

「急に現金が必要になった!」というときでも、許容範囲内でマイナスまでお金をおろすことが可能です。

おやつイモ
おやつイモ

「定期預金は、すぐに現金でおろせないのでイヤ」という方。

自動貸越サービスがある総合口座なら、マイナスまで現金おろせるのでご安心ください!

銀行口座をマイナスのまま放置すると?

自動貸越サービスは、まぎれもなくローンの一種です。

預金通帳にも、“お借入明細”と書かれています(下の写真)。

普通預金通帳に「お借入明細」と記載あり

したがって、マイナスのまま放置したときの影響は「ローンを借り続けたときの影響」と同じです。

詳しく確認していきましょう!

利息を払わないといけない

自動貸越サービスはローンの一種なので、利用した分だけ利息を支払わないといけません。

利息の支払いは預金口座から、自動で引き落とされます。つまり、利息分だけマイナスが増えるということになります。

下図は、
マイナス200円のところ、50円の利息が引き落とされて、残高がマイナス250円になったケース」です。(※分かりやすくするため、利息は大きい金額にしてます。)

貸越サービスを使っている状況での利息支払いのイメージ図

なお、貸越利率は「総合口座の自動貸越サービス」と「随時返済型カードローン」で異なります。

  • 総合口座の自動貸越サービス:定期預金利率+0.5%
  • 随時返済型カードローン:通常のカードローンと同等。

(随時返済型カードローンの例)鳥取銀行=9.8%(2023年11月14日時点:鳥取銀行HP

おやつイモ
おやつイモ

普通預金がマイナスだと、マイナス分だけ『定期預金の利息』と『0.5%分の利息』を銀行に支払わないといけないのです。

強制解約と代位弁済の可能性

自動貸越サービスには、以下のとおりマイナスの上限金額があります。

  • 総合口座の自動貸越サービスは、定期預金の90%の金額まで
  • 随時返済型カードローンなら、契約時に決めた上限金額まで

マイナスのまま放置 = 利息を支払い続ける。
いつか上限金額をオーバー。
すると・・・

  • 総合口座の自動貸越サービスの場合、定期預金が強制解約される。
  • 随時返済型カードローンの場合、入金の督促。入金しなかったら代位弁済される。
貸越サービスの上限金額を超えるときのイメージ図

上限金額オーバーは、延滞状態とみなされ、銀行から電話連絡があります。

銀行からの電話連絡に関する詳細は、コチラをチェック!

信用情報機関に登録される

随時返済型カードローンのみですが、KSCやCICといった信用情報機関に「ローン利用あり」と登録されます。

信用情報機関について詳しく知りたい人は、コチラをチェック!

とくに、上限金額オーバーによる代位弁済にいたると、「ブラック先」として信用情報機関に登録されるため、影響は大です。

便利な貸越サービスですが、マイナス残高の状況はしっかりチェックしましょう!

マイナス通帳を解消する方法

「マイナス分の利息がつくのはイヤ!」という人は、普通預金にお金を入金することで、マイナスを解消しましょう。

特に、総合口座の自動貸越サービスで、常に残高がマイナスの人は、定期預金があるのに0.5%の利息を払い続けることになります。

早めに、定期預金を解約して入金することをオススメします。

その他の留意点

放置した場合のデメリット以外にも、いくつか留意点があるので、紹介しておきます。

利息を払うタイミングは2月と8月だけ!

自動貸越サービスの利息の支払いは、2月と8月だけ。

他のローンだと、毎月返済があるので、ローンを利用していることを認識する機会が多いです。

しかし、自動貸越サービスは年2回しかローンを実感する機会がありません。

意識しないままに、残高のマイナスが大きくならないよう、注意しましょう!

両方の自動貸越サービスがあるとき、どちらが優先?

「総合口座の自動貸越サービス」と「随時返済型カードローン」。
両方とも契約している人が、マイナスまでお金をおろしたとき、どちらの自動貸越サービスが使われるのか?

それは、貸越利率が低い「総合口座の自動貸越サービス」が優先的に使われます。

「総合口座の自動貸越サービス」の限度額を超えてはじめて、利率の高い「随時返済型カードローン」が使われるようになります。

くれぐれも自動貸越サービスの使い過ぎには十分、注意しましょう!

未成年の人は使えない!

ローンの一種である自動貸越サービス。当然、未成年者(18歳未満)は利用できません。

この記事をご覧になった未成年の人は、自動貸越サービスに頼ることはできません!

まとめ

預金残高がマイナスになるのは「自動貸越サービス」のおかげです。

自動貸越サービスは「総合口座の自動貸越サービス」と「随時返済型カードローン」の2種類。

マイナス残高のまま放っておくと、

  • 貸越利息を支払い続けることになり
  • 総合口座の自動貸越サービスの場合、定期預金が強制解約
  • 随時返済型カードローンの場合、個人信用情報機関にブラック登録される

可能性がでてきます。

自動貸越サービスは、とても便利なサービスです。
しかし、あくまでローンの一種であることを忘れずに、使うべきシーンで有効活用していきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました